Loading...
キービジュアル

農業に深く関わり、とことん成長できる場所。

営業職

名前
T.H.
所属
アグリサポート事業部 県南営業所
入社年
2020年入社
POINT!
日々、農家の方々のお困り事に向き合い、サポートに励むこと。それが池田の営業職のミッションです。農薬散布用のドローンの販売や操作法のレクチャーなど、当社独自のサービスにも携わる彼に、そのやりがいを聞きました。
人を知る

転職のきっかけと、現在の仕事について教えてください。

前職は、包装資材や店舗用品の営業をしていました。主な取引先はスーパーマーケットや道の駅で、野菜を入れる袋や草刈り機やチェーンソーといった農業用機械も扱っていたため、農家さんとの会話も日常的でした。その時間がとにかく好きで、次第に「農業にもっと深く携わりたい」という気持ちが強くなっていきました。

ちょうどその頃結婚をし、人生の転機を迎えたことで、「もっとやりがいのある仕事、夢のある仕事を目指したい」と一念発起。友人から池田を教えてもらい、この会社ならばより深く農業をサポートしていけると考え、転職を決心したのです。

入社後は営業として、農薬・ハウス資材・農業用ドローンの販売を手掛けています。私のミッションは、日々農家さんと向き合い、いま何に困っていて、どんな解決策が適切なのか、対話を重ねて一緒に解決を目指すこと。そのために、商品知識や様々なことに興味を持ち、リサーチを重ね、より良い情報を提供できるように努めています。

人を知る

この仕事ならではの「やりがい」や「挑戦」はありますか?

私は「嫌々仕事をしないこと」をモットーにしています。たとえ未経験の仕事や難しい業務であっても、楽しさや好きになれる所を探しながら動けば、いま抱えている問題に前向きに取り組めると考えているからです。

実際、現在取り組んでいるドローンの販売・散布業務は、私にとってまったく新しい挑戦です。販売卸業者はたくさんありますが、自社機を使って農薬散布業務を行うのは池田ならではのサービス。身に付けるべき知識やスキルも多いですし、早朝や暑い日中に汗をかきながら作業することも珍しくありません。しかし、そうした大変さを乗り越えて、みんなで協力して無事に散布を終えた時の達成感はひとしおです。

それに、自分がオススメした農薬やハウス設計について、お客さまから「それはいいね」「ぜひお願いしたい」と言ってもらえた瞬間も、この仕事ならではの大きなやりがいを感じますね。

人を知る

あなたにとっての「池田」とは?

「自分を成長させてくれる場所」ですね。様々な方と接する機会や仕事のチャンスなど、成長のきっかけをいくつも与えてもらっています。それに福利厚生もしっかりしているので、安心して仕事に集中できる環境もありがたい点。将来を見据えて働けるおかげで、「会社で試験用農園を作り、そこで実証実験を行う機関をつくる」という大きな目標もできました。

すでに池田は重兵衛でトマト栽培を行っていますが、トマトだけでなく、稲・大豆・ネギ等も栽培し農薬の試験や農業資材の実証を行える場所を作れれば、商品提案の際にメーカーからのデータに加えて、池田オリジナルのデータも提供できますからね。農家さんへの販売促進に役立つことはもちろん、安全性が実証された作物を介護施設などの方々に食べていただいたり、地域貢献にも活用できたら最高だと思います。

転職活動中の皆さんへメッセージ
池田の魅力は、様々な経験をさせてもらえること。常に自分の可能性を探求し、新たな経験を積んでいきたい方はきっといい職場になるでしょうし、会社にとっても必要な人物だと思います。ですから、色んな事に興味があり、臆せずチャレンジしていける方と一緒に働き、切磋琢磨してお互いに成長していけたら嬉しいですね。
人を知る

とある1日のスケジュールとある1日のスケジュールSchedule

8:00

出社

メール確認・他の営業所の動向やメーカーからの連絡事項等を確認します。

10:00

JA巡回

各営農センターへ行き、依頼を受けた見積り書の提出や農薬・資材の情報提供をし、他業者の動向等を伺います。

11:00

配達・営業

配達をしながら法人さんや農家さんに行き今の状況やこれからの対策等を話します。そのなかで注文・受注を頂きます。

12:00

昼食

しっかりと休憩を取ります。電話対応に追われることもありますが、午後から相談にきて欲しいなど緊急の場合もありますので丁寧に対応します。

13:00

ドローン説明

現場に行き、納品したドローンの説明や使い方、気を付けなければならないことの復習を農家さんと行います。アカデミーを受けて頂いていても忘れてしまっている方もいますので、再確認も踏まえて行います。事故に繋がらないように分からないことは調べながらでもお客様にお伝えします。

15:00

商談

農薬の商談に伺います。昨年の使用履歴や今年の病害虫等の相談対策を話し合います。その中でこれから使う薬剤の選定を行い、注文を頂きます。

17:00

帰社

帰ってきたら今日頂いた注文を精査し受注をお願いし、見積り依頼された見積りの作成をします。また、明日の配送準備をしたり、確認事項等を所員と話し合います。

18:30

業務終了

明日の確認等終わりましたら終了です。散布シーズンや納品等が立て込むと業務時間にずれが出てきますが、みんなで協力してくださるのでとても感謝しています。

他のインタビューをみるOther

Entry

「食」「健康」「暮らし」を
ひとつに繋げよう!
ぜひご応募ください!